3DSの手順:虫歯菌除去 

3DSとは虫歯菌を除去する投薬療法ですが、その手順は以下の通りとなります。

1.唾液検査(1回につき)
唾液検査をすることでむし歯の数値など、むし歯に対するリスク(危険度)を判定します。

2.ドラッグリテーナーの作成とPMTC
PMTCを行って歯の表面からできる限り虫歯原因菌である細菌を取り除きます。

※PMTCの手順は以下の通り
①バイオフィルムを、ブラシと研磨粒子が粗いペーストで取り除く。
②カップで研磨粒子が細かいペーストでエナメル表層を滑沢にしていく。
③エバチップで歯間部を清掃。
④歯石除去。

3.ドラッグデリバリー
ドラッグリテーナーに抗菌作用のある薬剤を入れ、歯の表面に5分間作用させることで、PMTCで取りきれなかったミュータンス菌を除去する。
直後に歯の表面に定着してくるミュータンス菌を化学的に除去します。
ドラッグリテーナーに薬剤を入れる。
ドラッグリテーナーを装着する。

4.ホームケア
各家庭で(1週間)、夜 歯みがき後のドラッグリテーナーにホームケア用の薬剤を入れて5分間歯に作用させます。

5.2回目のPMTCとドラッグデリバリー
1週間後に再度「PMTCとドラッグデリバリー」を行います。

6.除菌効果チェック
除菌効果のチェックのため2ヵ月後に再度「唾液検査」を行います。  
※検査の結果ミュータンス菌の数と比率が「リスクなし」の範囲まで減少していない場合は再度「3DS」を行います。

7.6ヶ月後の定期検診

持続期間

「3DS」による除菌効果(ミュータンス菌に歯の表面への再定着抑制効果)の継続期間は4ヶ月~6ヶ月程度だと言われています。
この期間中は、特に糖分の摂取を控えるなどの食生活を改善したり、乳酸菌を利用したプロバイオテックスによって、口の中の環境を「悪玉菌優位」から「善玉菌優位」の状態に改善していくことで、3DSの除菌効果をより長く持続させ、リスクの少ない状態が作り出せると思われます。

セラミックの技術といっても、色々な材料や種類等がありますので、担当の歯科医師とよく話し合って、自分に適した治療方法を絞り込みましょう。
プラークが歯の外側にこびり付き、その箇所に唾液のなかにみられるカルシウムや他のミネラル分がくっついて歯石が発生するのですが、それらの原因は歯垢にあるのです。
口臭が気になって、マウスウォッシュや歯みがきガムを頻繁に使っているのだとすれば、歯垢を取り去る対策を始めに開始してください。不愉快な口腔内の匂いが和らいでくると思います。
歯のカラーは自然な状態でピュアな白色であることはない事が多く、人によっては多少差はありますが九割方の人が持つ歯のカラーは黄色味が強かったりブラウン寄りに色が着いています。
口内炎の度合いやできた所によっては、舌が勝手に向きを変えるだけで大変な激痛が発生してしまい、唾を飲み込むのさえも困難を伴ってしまいます。


親知らずを取るときには、激しい痛みを避けては通れないことが原因で、麻酔を活用しない手術を遂行するというのは手術を受ける患者にとってかなり重い負担になることが予想されます。
歯のレーザー処置は虫歯の原因となる菌をレーザーを当てることによって気化させ、加えて歯の表層の硬さを増し、痛い虫歯になる可能性を低くする事が実現できます。
口の匂いが気になって、ドラッグストアで売られているマウスウォッシュやガムをよく使っている場合は、歯垢を除去する対策を始めに始めてください。不愉快な口の匂いが減ってくるはずです。
人工歯の離脱が簡単だというのは、年月を経るにつれて変化していく歯とアゴの診断結果に適応して手直しができるということです。
まず、歯みがき粉を使わずにじっくりとみがく方法を習得してから、仕上げの折にちょっぴり歯みがき用の洗浄剤を使用するときれいに歯みがきができるようになるでしょう。


管理は、美容歯科に関する療治を終えイメージ通りの出来映えにはなっても、怠らずにずっと続けていかなければ施術を始める前の状態に逆行します。
初期の頃は歯周病の細菌が歯の表面に密着し、それが理由で歯茎が炎症を起こし赤くなって熱を持ってしまったり、ハブラシで歯のブラッシングをすると血が出るような状況になるのが歯肉炎の所見なのです。
審美歯科とは表面的な綺麗さのみでなく、噛み合わせや歯並びについての修整によって、その結果、もともと歯牙が持っている美しさを取り戻すということを追求していく治療です。
口の中の唾液は酸っぱそうなものや、おいしそうな食べ物を目にしただけで出てくるのですが、以外なことにムシ歯や歯茎の歯周病等を予防するのに効果があるのが唾なのです。
ドライマウス、歯周病、義歯を使用することが原因で発生する口の臭いなど、エイジングと口の臭いのつながりにはこの上なく膨大な関係があるとの事です。

まず最初に、ハミガキ粉を使わないで隅々までブラッシングする方法を練習してから、最後の仕上げの際にちょっぴりハミガキ粉を付けるようにするとしっかり歯を磨けるようになるでしょう。
PMTCを利用することで、日々のハブラシの歯みがきでは除去しきれない着色汚れや、歯石とも違う要らない物質、ヤニなどを完璧に取り去ります。
歯のクリーニングを受けるのは、歯周病の菌の増殖を防御する良い方策だと、科学的な根拠が示されており、漠然と快いというだけではないという事です。
最近では医療の技術開発が著しく進展し、なんと無針注射器シリジェットやレーザーの治療器を使う事で、痛みを一際抑える事のできる「無痛治療」という手段が開発されているのです。
永久歯というのは通常、生えるのは32本のはずですが、しばしば、永久歯の生え揃う年頃になっても、ある部分の永久歯が、理由は分からないけれど生える気配のない状態があるそうです。

歯の表面のエナメル質に付いてしまった歯石や歯垢などを除去することを、歯科ではクリーニングと呼びますが、これらの歯石や歯垢などは、虫歯を引き起こす遠因となる存在です。
口のなかに矯正装置をはめ込んで、歯に一律の力をずっと加えて人工的に動かして、トラブルを抱えた噛み合わせや歯並び等を修正するのが歯列矯正と呼ばれる治療方法になります。
例えばつぎ歯が褪色する理由に想定される事は、継ぎ歯自体の色が変色を起こす、歯冠継続歯の周囲の歯が褪色してきたという2側面があり得ます。
歯の色とは本当はピュアな白色であることはないことが多くて、それぞれ異なりますが、大多数の歯の持つカラーは、イエローっぽかったり茶色っぽい系統に色が付着しています。
ムシ歯を誘因するのは、ミュータンス菌として研究されている原因となる菌による仕業です。一度口腔内にムシ歯菌が移ってしまったら、それを完全に除菌するのは特に手を焼くことなのです。

残念ながら日本は歯の病気予防において残念なことに後進国といわれ、欧米人と比較しても、実際は日本人の歯の寿命は短くなっていっています。元から歯の病気予防に対する姿勢が違うのだと思います。
ある研究結果によると、顎の関節がおかしいという自覚症状がみられなくても、全体の約4割の人が口を開けたりする時に、これとそっくりな気になる音が鳴ることを認識していたようです。
ドライマウスの主だった状態は、口腔内が乾燥する、とにかく喉が渇くという事が一般的です。大変な場合だと、痛み等の不快な症状が起こることもあるのです。
歯科で使われているエムドゲインを歯周外科で治療する際に患部に塗ると、初めて歯が生えた時の具合と類似した、頑丈に付く歯周組織の再生促進が不可能ではなくなります。
人間の歯の表層の半透明のエナメル質の真下の位置より、口腔の酸性の度合いが弱くなりペーハー(PH)の数値が5.5から5.7より低下すると、歯を形成するカルシウムやリンが溶解してなくなってしまいます。